北方小学校放課後キッズクラブcolors
公設民営 お問い合わせ・見学は各園にお申込み下さいお問い合わせ
読書習慣のその前に

本を読まない子をどうしたら本好きにできるか、悩まれる保護者の方は少なくないようです。

 

そんな本を読まない子の読書の入口として「自然観察会」を催し、「調べ習慣」を体験できる機会を設けました。

 

まず、生き物の様子を書く用紙を配布し、校庭で実物を見ながらスケッチし、キッズルームへ戻ってから正式名称や特長を図鑑で調べることにしました。

 

校庭にはビオトープや花壇、田んぼなど、生き物が住んでいる環境がたくさんあり、昆虫や植物等のたくさんのスケッチが集まりました。

 

集めたスケッチをまとめて図鑑にし、だれもがその情報を共有できるようにしました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

校庭の平面図を入れて、

Exif_JPEG_PICTURE

ビオトープの蓮の花や、

Exif_JPEG_PICTURE

田んぼにいた赤トンボや、

Exif_JPEG_PICTURE

黄色と黒のトンボもいました。

「これって、シオカラトンボのメスじゃないかな?」なんて話もしたり、

Exif_JPEG_PICTURE

虫カゴで観察した時に、じっくり見て羽の様子を書いたり、

Exif_JPEG_PICTURE

花壇の花に、小さなチョウもいました。

Exif_JPEG_PICTURE

虫カゴにはトンボ2匹、チョウ2匹、セミ1匹が集まりました。

Exif_JPEG_PICTURE

観察後には、すべての虫を放しました。

 

特に低学年において読書が嫌いな子は、文字への興味があまりない子が少なくなく、興味のない文字を習慣として読まなくてはならない読書習慣は、そんな子どもにとってはハードルが高いと感じます。

 

子どもは「好奇心」が旺盛で、「なんで?」「どうして?」とわからないことを解明したい気持ちを持っています。

 

colorsでは読書環境の整備のひとつとして図鑑を多数揃えています。その図鑑を活用し、「わからないことがあったら調べてみよう!」の声掛けから図書に触れる機会につなげ、まずは「調べ習慣」を身に付けることで、ゆくゆくは「読書習慣」につながっていったらいいなと、活動をとおして感じました。

 

これからも図鑑を活用したイベントを開催し、読書のチカラで育成に貢献していきたいと考えています。